CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
PWNED!
House Vs. Hurricane
オーストラリアのSky Eats Airplaneに出会ってしまった。アグレッシブなスクリームとソフトなクリーンパートの掛け合いには、私本当に弱いの。
EPは入手困難な様子・・今後に期待。

Sea of Treachery
Misery Businessのハードコアカバー
最初聴いた時思わずふいちゃったよ。
新譜はまだ聴いてないけど、兎に角かっこいい。

Annotations of an Autopsy
最近はまり過ぎて抜け出せなくなった英国産ブルータルデスメタルバンド。ズシズシ耳が劈かれるようなブィーブィー低音デスヴォーカルが私のハートをキャッチ。
| - | 14:06 | comments(16) | - |
Juno


日曜日、土日エコ切符を使って
お友達と大須・栄へお買い物に行ってきた。
最近は専ら大須にあるお気に入りのヴィンテージショップでヨーロッパの古着やヴィンテージワンピースを買ってるんだけど、やっぱり私はデザイナーものが大好き。
最近気になるブランドはSara BermanとLuella、気軽に手を出せないお値段なのが本当に悲しいけれど。

『ジュノ』を観にお気に入りの映画館伏見ミリオン座まで。
知的でクールなジュノ、妊娠という事実を冷静に受け止め協力的な両親、みんなが協力的で温かい。
(アメリカでは養子制度はとってもポピュラーなんだろうけど、やはり日本では考えられないようなことも沢山。)
評判通りの面白さで、サントラも良い。
笑いを堪えたような声やすすり泣く声が周りから沢山聞こえてきて、劇場は温かい雰囲気に包まれていた。
| - | 12:55 | comments(0) | - |
BEYOND[THE]BLUE
5/22 Bullet For My Valentine 参戦

オープニングアクトのProtest The Heroは
iPODに入れてはいたけど、全くと言っていいほど聴いてなかったから全然ついていけず・・隅で。
BFMVはJay近くの前から3・4列目をキープ!
スペースが無くとも激しくヘドバン、ライブで感動して泣いたのは初めて。体中の水分が無くなるかと思うほど泣いて、次の日顔が悲惨だった。

5/27 BEYOND[THE]BLUE TOUR 参戦

Four Year Strongを見る為だけに行ったようなものだから、KID GIBと48Mayは全然印象薄い・・でもEvery Avenueは楽しかったかな。
FYSの時最前列の真ん中にいたから、もうDanの唾かかるし、Joshのキーボード適当にピコピコ弾かせてもらっちゃったし・・楽しすぎ。
終わった後は狭い会場でFYSメンバー全員と写真撮影♪
Joshは本当面白い人でノリが良い! Danに何回も抱きしめられてデレデレしてた気持ち悪い女が私です *^.^*
| - | 23:32 | comments(1) | - |
2:37
明日、君がいない

余韻が暫く消えない、強烈に心に残る映画。
実際ガス・ヴァンサントの「エレファント」の影響を受けてる作品らしいから、手法は殆ど似てる・・非難されても仕方がないんだろうけど、ストーリーの重さとこの映画から伝わってくるメッセージに心掴まれた。

一人一人の悩みを、それぞれの視点から見ていく事で、いつ誰が自殺してもおかしくない状況っていうのが分かってくる。「いつも幸せそうだったのに・・何故?」だなんて、本人じゃないと痛みや苦しさなんてものは分からない。だって何も知らないから。

この手の映画は今まで何本となく観てきたけど、1番悲しみと痛みで溢れてる映画だった。
| - | 22:48 | comments(2) | - |
Factory Girl


大学生活にも慣れてきたということで・・更新再開。
これからは徐々にブログ更新していきたいな。

先週、伏見ミリオン座まで一人で
『ファクトリー・ガール』を観に行った。
「イーディをシエナが演じるなんて少しイメージ的に違う気が・・イーディっていえば壊れそうなくらい細くて儚げな印象が強いんだけど」って観る前は思ってたんだけど
偉大な60年代を舞台に、
ファッションやアート、セックスにドラッグ・・このスピード感が心地よくて胸がドキドキしてしまった。

ボブ・ディランに出会った事で
彼女の人生が大きく転落していくの。
誰からも愛されてて美しく輝きながら生きてきたイーディが、彼に出会う事で周りから、敬愛するウォーホルからも冷たくされてしまう。
人生は誰のせいでもないからと走り抜けるイーディ、
そのどうしようもない苦しさと内なる孤独を、シエナが完璧に演じきったと私は思う。

因みに、私は60年代ファッションが大好き。
| - | 22:07 | comments(5) | - |